ウェブサイト制作費の相場観

ウェブサイト制作費の相場観

初めてウェブサイト制作を依頼するときの悩み事といえば、一番困るのは「いくらくらいかかるのかわからない」ということではないでしょうか。

結局は制作するウェブサイトの内容次第

「ウェブサイト 制作 相場」などと検索すればさまざまな制作会社の価格や、それらをまとめたブログなどが見つかると思います。中には数万円程度でできますというとこともありますし、おそらく一番多いのが20〜30万円、上は百万円くらいがネットで調べられるところでしょうか。それ以上の規模だとわざわざウェブサイトに価格表として出てくることはありません。都度見積もりでないと意味がないからです。

なぜこんなにピンキリかといえば、当然ながら内容次第であることが第一の理由です。1ページにただ地図くらい載せてあればいいやというレベルなのか、社内で更新したいし通販もしたいしお客様からのフィードバックも欲しい、ということなのか。

なので、相場がいくらですか?と聞かれても、どんなことがしたいのかわからないとお答えできません、というのが正直なところです。

最低限の目安としての「20万円」

とはいえスモールビジネスであれば、一つの目安としては20万円〜というのはあると思います。法人のウェブ制作会社ではこの値段だとかなり最小限でサポートも少ないですが、フリーランスに依頼すればとりあえず表に出して恥ずかしくないレベルにはなると思います。

恥ずかしくないレベルとは言いましたが、これはウェブサイトの「器」の話。この価格帯だと原稿は全て用意しなければならないため、内容のクオリティは依頼主次第ということになってしまいます。できれば内容面まで含めたコンサルティングまでしてもらった方がしっかりした内容になると思います。

もっと安く始めるには…

ひとまずの相場としての20万円、ウェブサイトの制作費としてはおそらくここがスタートラインではあるのですが、ウェブサイトに予算を割けない事情は色々とあるかと思います。いろいろ検索するとちゃんと作るのに20万程度の予算じゃダメだ!という熱い意見も(特に若いクリエイターを中心に)ありますが、必ずしも全てのビジネスに充実したウェブサイトが必要なわけではないと個人的には思います。ビジネスの規模にもよりますし、お客様に不便がないように最低限な情報を載せておくだけでいい、というケースもあるためです。

では具体的に低予算な場合にどうすればよいでしょうか? 安く始める手段は大きく分けて三つあります。

一つはウェブサイトの内容をコンパクトにすることです。

例えばブログやお知らせなど更新するような機能はSNS等にまかせ、ホームページ自体は最小限にします。もちろんお知らせもブログも内部に持っていた方がいいのですが、そこは予算が確保できたら、ということにします。

もう一つはオーダーメイド式のデザインは諦めること。例えばテンプレートから選択するタイプのメニューを用意している制作会社は比較的多いです。(チクタクワークスでも低価格のパッケージプランをご用意しています

そして最後の一つは…安く作れる人に依頼することですが、ここには一つ落とし穴があります。

ウェブサイト制作の費用(≒人件費)はどこまで削れるか

例えば大きなウェブ制作会社の信頼より、フリーランスの身軽さを重視することでコストは圧縮できると思います。会社組織かフリーランスかでの一番の違いば「安心(感)」です。

クオリティに関しては会社だろうが個人だろうが、質の低い高いは色々あるので、それは差にならないとしても、なにかあった時のバックアップ体制には違いがあります。

フリーランスは基本的に一人で作業をする場合が多いので、その人がインフルエンザで倒れたら…くらいならまだいいですが、車に轢かれたら、納期に間に合わないどころか案件がすっ飛ぶ可能性もあります。それなりの規模の制作会社なら、担当デザイナーに何かあっても他のデザイナーが引き継げるでしょう。

また法人が倒産た場合と、個人の場合では、当然後者の資金回収の方が難しくなります。(実際のところフリーランスでは数百万という案件を受けることはあまりなく、そういった規模の場合は大抵間に一社入れることになります)

とはいえ、そのくらいのリスクは比較的取りやすいと思います(むしろ私もフリーランスなので、そのくらいしかリスクがありませんよ、と言いたいところです)。寧ろ少額の案件であれば、フットワークの軽さなどフリーランスならではのメリットもありますので、ぜひ積極的にご利用ください。

クラウドソージングはアリかナシか

特に最近目立つのは「ランサーズ」や「クラウドワークス」に代表されるクラウドソージングで、個人に直接発注ができるため3万円でWorspressで作ります!という人までいます。なぜそこまで安くできるのでしょうか?

価格というのは当然理由があってその値段になっています。例えばまだ見習い中で実績を作るために極端に安い価格で受けている人、作業スピードに自信があり薄利多売ができる人、…中には単純に技術力がなくて単価を下げている人もいます。

つまりクラウドソーシングは良くも悪くも(受注者も発注者も)玉石混交だということです。サービスの提供者が価格の叩き合いになっている状態の中、トラブルを割けた上で、うまい具合に「訳あってクオリティは高いのに安い価格を設定している」人を見分けるのは至難の技です。

ウェブサイトは作ってからがスタート。依頼先はパートナーを選ぶつもりで

ここまでこうやって価格の話をしてきましたが、一番考えていただきたいことは、依頼する相手が自分の望んでいるものを実現できるかどうかということです。

もう一つは、ウェブサイトは作ってもらったら終わりではなく、作ってからがスタートだということ。もちろん制作自体はほぼ売り切りの場合もありますが、ウェブサイトは必ず「運用」していかなければならないものだからです。

どうしても予算はありますから、最低限で始めて悪いということはありません。ただし、作った後をどうするかまで考えて依頼することをお勧めします。