鈴木さんの鈴の字、省略形ですか?(違います)

鈴木さんに告げられた「鈴の字間違ってませんか?」

12歳の長女は今年の三月で小学校を卒業予定。卒業証書を制作中の学校の先生から妻宛に電話がかかってきたようです。

「鈴木さんの鈴の字、右側の下がカタカタの「マ」になっていますが、これは省略形ですよね? ただしくは令ではないですか?」

「って言われたんだけど、そうなの?」と聞かれてびっくり。40年以上に渡り山ほどの「鈴木」の字を書いてきて、鈴の字間違ってませんか?と言われたのは初めて。鈴の字に異字体があるという話も聞いたことがありません。てか鈴木さんに鈴の字間違ってませんか、ってどういうことですか…間違うはずがないと思うんですが。

さて、先ほど書いた「異字体」というのは渡辺さんの「ナベ」の字や、吉田さんの「ヨシ」などでおなじみ、同じ感じなのにバリエーションがある文字のことです。ちょっと前だと「高田」さんの「たか」は「はしご高(髙)」なのにパソコンでは入力できない!なんていう悩みがあったかもしれませんが、今は大抵の文字は表示可能です。

異字体

この画像は渡辺の「ナベ」の字を Adobe Illustrator で打ち、異字体を表示させたものです。人名を扱う場合には結構気を使うので、デザイナーなら結構気にしながら使っているものなのですが…何より自分の苗字異字体?省略形がある?なんて話は聞いたことがありません。

そんなわけないだろ、といいつつ、不安なので Google で調べると、似たような事例がたくさんあるようで、中には銀行で字が違うからお金を引き落とせないと言われたケースまであるとか。

「マ」と「令(の下の部分)」というのはどういうことかというと、こういうことのようです↓

鈴の字、明朝体、ゴシック体、教科書体
左から「小塚明朝 Pr6N」「小塚ゴシック Pr6N」「教科書ICA Pro」

「令」の字の縦線が垂直か、カタカナの「マ」のように斜めになっているかどうか。これの「マ」バージョンが省略形で、正しいのは「令」であるという理論のようです。

結論からいうと、それは誤りです。両者は同じもので、これは自分でちょっと手書きしてみればすぐ分かることです。手書きで「令」を垂直に書く人はまずいません。

両者は同じものです。ただ、手書きの文字と、(パソコンやスマホなどで利用される)フォントでは形状の違いがあります。

書くための文字と読むための文字は違う

「さ」の字の形状の違い

先ほどと同じように「さ」の字をそれぞれ違うフォントで打ってみました。仮名文字でもフォントによってこのように形状が違う場合もあります。

小学校低学年の教科書などでは一番右側、教科書体が使われるケースが多いかと思います。これは手書きの文字に近い形状のフォントで、文字の形状、例えばハネやはらい、とめ、また書き順などを学ぶのに適しています。

新聞や文庫本など、通常読む文字は「明朝体」「ゴシック体」などの、読むのに適した形状にデザインされた文字であり、書き文字とは違います。そのため学校で教わったような書き順、画数では、明朝体の文字を書くことができません。しかし、それはどっちが合ってる間違ってる、同じだ違う、とかいう話ではなく、それぞれの役割に適した形状になっているというだけの話です。

「鈴」だけですか? 「心」くんはどうします? 「みさき」さんは?

ちょっと脱線しましたが、鈴の字間違ってるんじゃないの?という話は手書きの文字と読むための文字を混同してしまったために起きた問題です。これを別の字とみなすとすると、先ほどの「さ」もそうですが、「き」、「れ」や「わ」、漢字なら「糸」「心」、「しんにょう」が付く漢字等々…全て別バリエーションとみなす必要があります。

そもそも鈴の字が「マ」の方が正しいからそのように記載してください、と伝えたとして、その文字を先生はパソコンで入力できるのでしょうか? おそらくできないと思います。

全国の鈴木さん、あなたの手書きの文字は正しい

なんで先生がそんな間違いをしたのか、銀行でそんなことをいうのか、というと、そもそも文部省の「常用漢字表」が原因だという説があります。

常用漢字表の初版(昭和五十六年内閣告示第一号)が明朝体(今もですが)で、これが「正しい」文字だと信じた頭のかたーい人たちが、他の字は許さん!となり、鈴の略字、などという不思議な話になったんだとか。
(ちなみに「常用漢字表」自体は正しいと言っていた訳ではなく、目安ですよ、と書いて合ったらしいですが)

そういう人たちが今も生き残っているせいか、平成22年には、「昭和五十六年内閣告示第一号」は廃止され、「常用漢字表(平成22年内閣告示第2号)」が告示されています。そこには「明朝体と筆写の楷書との関係について」という項が設けられ、前述の字系について長々と説明がなされています。

常用漢字表(平成22年11月30日内閣告示)
常用漢字表(平成22年11月30日内閣告示)より引用

というわけで長くなりましたが、全国の鈴木さん。あなたが正しいので、ご安心ください。